パチンコメーカー三共の澤井社長

  • パチンコで一番大きなメーカーといったら、SANKYOだと思います。
    パチンコの世界もかなり変わったように思われます。
    ちょっと昔のパチンコ屋といえば、タバコの煙が充満し、怖い人がたくさんいるイメージでしたが、
    最近では女性客のほうが多いくらいになっています。

    これはやはり、大手メーカーの影響が大きいのでしょうか。
    SANKYOの澤井社長はどう思っているのでしょうか。
    僕は良く知らない人ですが、
    僕の想像では、「大人にも遊ぶことは大事。遊ぶなら、楽しく。女性も男も楽しんだほうがいい」と、思っているのでしょう。
    パチンコは大人の遊びです。
    お金をかけるわけですからね。
    当然損をすることもあります。
    一日で8万円をパチンコで失ったという人が同じ職場にいました。
    (ちなみにその後5万は取り返したそうです。凄い)

    あまり突っ込みすぎないように注意が必要です。
    SANKYOの澤井社長もきっとそう思っていることでしょう。
    あまりパチンコで損をする人が増えると、お客も減るし、社会問題に発展したりすることもあります。
    社長はそんなことを望んではいないでしょう。

    パチンコで生計を立てている人もいると思います。
    でも、そういう人がいるから、パチンコで儲けようとして、パチンコ屋に入る人もいるでしょう。
    社長にも、そういう人を大事にして欲しいです。

このページの先頭へ

イメージ画像