澤井明彦氏って、どんな方なんだろうか?

  • 澤井社長の活躍
    パチンコ業界にもいろいろな会社がありますが、やはり業界最大手といえばSANKYOの名前があがると思います。
    SANKYOは1966年に現名誉会長である毒島秀行氏が設立し、80年代にはフィーバーを大ヒットさせ、最近でも人気アーティストやアニメとコラボするなどヒット作を次々と発表し、業界を引っ張っていっています。
    すでに40年以上という長きに渡って、会社を発展させ続けてきたわけですから、その努力は相当なものだったと思います。
    2008年の人事異動では、代表取締役社長に澤井氏が就任し、商品本部、営業本部、製造本部の3本部の活動を中核とし、それぞれが充分に機能を発揮できるよう、知的財産本部、管理本部、経営企画部が強力にサポートするスクラム構造の組織体制を構築しているとのことです。
    さらに社長直轄の独立した組織として内部監査室を機能させることでさらなる強化を図っているのだとか。
    SANKYOの澤井社長のこれからのさらなる活躍を期待するとともに、SANKYOも今後も私達が笑顔で楽しめるパチンコを提供し続けてほしいと思います。
  • SANKYO澤井明彦氏について
    パチンコをしている人も、したことがない人も、SANKYOという会社の名前は知っている人が結構いるのではないかと思うのです。(ちなみに私はCMでその会社の名前を知りました)
    有名人を利用したパチンコ台というのは、かなり斬新なのではないかと思うのです。着目点が違う、そんな気がします。そして、そんなSANKYOの社長をしているのが、澤井社長です。
    一体どういう方なのだろうかとその経歴を少しだけ調べてみたのですが、色々なポストを経て、取締役、副社長、社長となった刀のだそうです。入社からずっとSANKYOで活躍してきていて、SANKYOについて良く知っている人なのではないかと思うのです。なので、SANKYOの澤井社長はこれからもあっと驚くような感じの台を作ってくれるのではないか、なんて私は期待しています。そして、きっとパチンコファンの期待を裏切らない台をこれからも作り続けてくれるのではないかなんて私は思っています。
  • 澤井社長の魅力あふれる商品開発
    パチンコ・パチスロメーカーと聞いてどこを思い浮かべるか、もちろん個人差はあると思いますが、パチンコ好きな人ならきっと浮かぶのは、SANKYOではないかと思います。
    私もSANKYOのパチンコ・パチスロ台でわくわくさせられたうちの一人です。
    そんなわくわくを作り出しているのが、SANKYOの澤井社長。
    次々とヒット作を世に送り出している澤井社長ですが、ヒット作の特徴としては、「まさか」と思わせるようなコラボ作品が多い気がします。
    最近ではテレビCMで印象に残ったのが、X-japanのパチンコ台。
    有名なアーティストのパチンコ台がまさか、という感じでしたね。
    そんな「まさか」や「わくわく」を送り出している澤井社長、そしてSANKYOUという会社。どんな会社かと調べてみると、東証1部上場企業であり、その実績の裏には、澤井社長の手腕が光っていますね。
    色々な事にアンテナを張り巡らせて今までにない遊技台を世に出していく。
    メーカー、ホール、株主、それにとどまらない情報収集。
    魅力あふれる遊技台をだす会社には、魅力あふれる澤井社長があっての事なんですね。
    経営者だけに限らず、一人の人間として魅力的な澤井社長について、まだまだ調べてみたいな、得られるものがあるんじゃないかな、と思います。

このページの先頭へ

イメージ画像